遺言書の準備…

  • 遺言書以外の遺言方法

 

遺言書以外の遺言方法

遺言書以外の方法を行って遺言を起こす場合があります。たとえば音声や映像、そしてPC上やCDなどのメディアなどです。

こういった方法を使っての遺言は一見しっかりと遺言を行っているように思えます。しかし、実際にはこれらの方法は間違っており、正しい遺言とはなりませんので遺産相続においてトラブルを起こすもととなります。

そもそも遺言書という名前であるからして書面上のものとなります。そのため、そのほかのメディアにおいて記録されたものは遺言書とは言えないのです。

せっかく遺言をしても相続の際に効力がないのでは意味がありません。必ず指定された方法にて遺言書を作るようにしましょう。ちなみに、こういった他のメディアを使っての遺言はなぜだめなのでしょうか?

その理由として最も大きなものは、相続について改ざんされる可能性が高いからです。音声や映像であれば、カットをすることができます。そうなると、誰かが改ざんすることは容易にできてしまいます。こういったことを防ぐためにもしっかりと書面上で行うことが重要なのです。

また、PCの中やCDR、USBメモリなどにおいても同様です。これらのファイルも簡単に編集してしまうことができます。こうなってしまうとしっかりとした遺言書とは言えません。単純に遺言内容を記して終わりではなく、法律上に基づいて作成しなければ効力はないので気を付けてください。

仮にこのような間違った形態で作成してしまい、法律上は意味がなくても家族が見てそれを考慮に入れたとしても、編集されてしまう可能性もあるので鵜呑みにすることなく、法律を第1に考えることが最も安全だと考えられます。








LINK

保険の見直しは相談することが大切です。保険ショップで保険に詳しいFPなどに自分の保険を見てもらうのもいいことではないでしようか。保険シッョブは有効です。ただし自動車保険をきっちり選んで契約することをあまり四角四面に決めつけないことです。自動車保険の見直しは保険シッョブもいいのです。
自動車保険比較で賢い保険選びについて|保険をどうする
http://www.roverrecording.com