遺言書の準備…

  • 遺言書が書ける人

 

遺言書が書ける人

遺言書が書ける人は死期が近くなった年齢の人だけのものではありません。一般的には死期の近い年配の方のイメージがありますが、実際にはそうではありません。遺言書は満15歳以上の人であれば作成することが可能です。そのため、思った以上に遺言書を書くことのできる人はいるのです。

15歳以下の場合は相続についての判断能力などの問題で作成することは法律上で認められていませんが、仮に未成年であっても満15歳以上であれば作成しても問題ないのです。

その際は、親権者の同意も必要ありませんし、代理で書くことも禁止されています。そのほかの法律上では未成年は親権者の同意が必要なわけですが、遺言の場合は違います。

このように遺言は他とは違う特別なものであることが分かります。また、一般的に遺言を作成することが困難な人はダメなのではないか、と思ってしまいがちですが、そういった人に対してもなるべく遺言ができるように考えてあります。

たとえば、目や耳が不自由な人であっても遺言書の書き方は様々あり、その人の状況に応じた相続についての遺言を作成することが可能なのです。

そのため、勝手に自分の状況から遺言書は作れないものだと勘違いするように気をつけましょう。仮に認知症の人であっても、しっかりと相続について判断する能力があって遺言書を書いたということが分かるのならばその遺言書は適用されます。

もちろん、認知症の症状によって遺言書が正しく書けない状況であれば、それは認められないように法律上で定められていますのでご安心ください。








LINK

どの生命保険を決めるのかは容易なことではありません。生命保険の見直し、つまりどのようにして保険の見直しをこなすか。大切なことなのです。どうしようかと思ったらインターネット生命保険を試すことです。
ハーブの知識をあなたにのページ ハーブ
pot-pourri.jp