遺言書の準備…

  • 船舶隔絶地遺言とは・・・

 

船舶隔絶地遺言とは・・・

船舶隔絶地遺言も一般隔絶地遺言と同じような方式です。ただ、そのときの状況の違いから方式も少し変わってきます。船舶隔絶地遺言は、船舶に乗っている際に陸地から離れている状況において使う事ができます。ちなみに飛行機に乗って陸地から離れている場合には、この方式は使う事ができません。あくまでも船舶の場合に限っての方式なのです。

飛行機の場合には、事故、事件などのトラブルにおいて急に死の可能性が高まった際に使われる難船危急時遺言があります。しかし、このときもただ陸地から離れているだけでは使う事ができません。あらかじめ事前に理解しておいた上で、そのときに応じて使わけなければならないので注意が必要です。

さて、船舶隔絶地遺言の場合にも立会人を必要とします。船長か事務員を1人、そして証人を2人以上いる状況で行わなければならないのです。

この状況で遺言書を作成し、そして遺言者と立会人(船長か事務員を1人、そして証人を2人以上)が署名、押印をすることで遺言書として成立します。

この場合、家庭裁判所への確認を行う必要はありません。ちなみに船舶に乗っている際に遺言書を書くとき、死亡の危機が迫っている場合には船舶隔絶地遺言ではなく、難船危急時遺言で作成するようにしてください。

同じ船舶の場合でも状況に応じて方式が分かってくる点が厄介なところでもありますが、それぞれに適した方式であるため、事前に理解しておくことをおすすめします。








LINK

保険販売の仕方が変わったことでいろいろな保険の比較が行われます。意外に安い保険も結構簡単になりました。ただし保険選びは大変。きっちり覚悟して臨むことです。自ら保険比較をするという選択肢が保険見積もりにはIT技術が以下されています。
ITの仕事と雇用ガイドのページ IT
e-dragon.jp