遺言書の準備…

  • 一般隔絶地遺言とは・・・

 

一般隔絶地遺言とは・・・

伝染病によって隔離をされている場合に、遺言書を作成する場合には一般隔絶地遺言という方式を使います。この場合には、警察官と証人をそれぞれ一人ずつ必要とします。ただし、一般隔絶地遺言の場合には急に死亡する可能性がある場合に使われる方式ではないため、口授で作成するのではありません。

そのため、書面にて遺言書を作成する必要性があるのです。また、このように遺言書を作成するため、家庭裁判所にて確認を行う必要はありません。

遺言書を作成したら、遺言者、警察官、証人が署名、押印して一般隔絶地遺言となります。このように一般隔絶地遺言は、隔離された伝染病患者に対して使われる方式なのですが、それ以外にも交通を断たれた人に対しても行われる方式です。

例えば刑務所に服役している人や地震などの災害によって交通を遮断されている人の場合にもこの方式は適用されるのです。もし、急な死に迫る状況の方の場合ならこの一般隔絶地遺言ではなく、危急時遺言になります。しかし、交通を遮断されていても急な死亡の恐れがない場合には一般隔絶地遺言を使うのです。

そもそも一般隔絶地遺言の場合は、警察官を一人必要とするため、急な状況の場合にはかなり難しいものとなってしまいます。

そういったため、それぞれ細かい遺言の特別方式が存在するのです。しかし、特別方式の場合は何かと精神的にも大変であるため、何も問題のない健康で余裕のあるときに遺言書を作成するのが最もよい選択といえます。








LINK

生命保険に入ることを安易に取り組むと面倒です。生命保険に入ることをを比べて考えましょう。保険をちゃんと選ぶのはじっくりやすべき課題なのです。生命保険医療保険はよく考えることで納得できるものになります。ギャルを卒業したら保険に入る世代です。
ギャルメイク卒業のページ 人生が変わる
galile.net