遺言書の準備…

  • 隔絶地遺言とは・・・

 

隔絶地遺言とは・・・

隔絶地遺言は、何らかの理由によって交通の手段が遮断されてしまった際に遣うことのできる方式です。交通が遮断されてしまった状態なので、一般的な遺言書では都合が悪いため、特別にこの隔絶地遺言を使う事ができます。

隔絶地遺言の例としては伝染病によって病院に隔離された場合や、刑務所に入っている場合、災害によって交通が遮断された場合、船舶が陸地を離れている場合などです。

一般的な場合では一般隔絶地遺言と呼ばれ、警察官1人と証人1人の立会いがいるうえで作成する必要があります。一方船舶が陸地を離れている場合では船舶隔絶地遺言が適用され、船長か事務員1人と証人1人の立会いがいる上で作成する必要があります。

この際に気をつけなければならないことは、危急時遺言と間違えないことです。もし先ほど例に挙げたような状況で急な死に迫る場合なら、危急時遺言を使う必要があります。

一見どちらも似ているため、間違えやすいのですがそれぞれ遺言書の作成方法が違うので注意しておきたいものです。交通が遮断されている状況でも、急な死に迫る状況でない場合には隔絶地遺言になります。特に船舶の際には、それぞれが似ているためあらかじめ方法を知っておく事がミスを防ぐポイントになります。

ちなみに通常の遺言方式を使える状況になってから6ヶ月経過した場合には、その際に作成した遺言書は効力をなくしますのであらかじめ理解しておきましょう。

その際に必要ならば、あらためて普通方式での遺言を書かなければなりません。








LINK

生命保険でまないですむのか、生命保険について簡単に考えないことです。保険を新しいものにかけ直すことはどのような家族でもそれなりに悩ましいことです。後悔しないように解決するために考えてあらかじめ考えておけば問題が思ったより簡単に解決したりします。県民共済も忘れず保険ショップの保険無料相談を使い、プロと話すことが大切なポイントです。
パソコン選びの視点のページ パソコン
fsip.jp