遺言書の準備…

  • 難船危急時遺言とは・・・

 

難船危急時遺言とは・・・

難船危急時遺言は船舶や飛行機において急な事故で死の危険性ができた際に使われる方式です。

基本的には、一般危急時遺言のように急な出来事によって死の危険性が高まった際に使われるという点でほとんど同じですが、この場合では船舶や飛行機においてということなので、すこしだけ方式が違っています。

船舶や飛行機では証人を2人必要とします。その上で証人に対して遺言をします。そして、遺言の内容を証人が筆記していきます。その後、署名と印鑑を押すことによって完成です。最後に家庭裁判所に提出することによって一連の作業は終了です。

このように、一般危急時遺言よりは手順が短いのですが最後に家庭裁判所に提出をしなければ遺言書とは認められませんのでご注意ください。

また、船舶の遭難や飛行機内でのトラブルが終わった後で証人が記憶を元に遺言を筆記し、署名、捺印しても遺言書として成立します。こういった急な出来事の際では、通常の遺言書を作成する事ができませんので特別な方式で遺言書を作成する事ができます。

もし、遺言をした後に遺言者が通常の遺言書を作製できる状況になった場合は、それから6ヶ月以上生存した時点で一般危急時遺言の効力はなくなります。

あくでも急な場合においての遺言であるため、通常の状態に戻ったのであれば、必要がなくなるため必然的に効力はなくなってしまうのです。

そういった点はあらかじめ考慮に入れておいたほうがよいでぜひとも覚えておいてください。








LINK

生命保険をどうとらえるか。子供が生まれて痛感することは保険についての重要性です。災害や事故などに自分が真希困り死んでしまった場合に妻や子に生活に困らないぐらいのお金を用意してやらないとすぐに生活の問題になります。十分な預貯金などないこともあり、節約・節約と言い続けているのに。そんな毎日なのですよ。生命ほけはきっちりと入っています。
デジカメ撮影NAVI|カメラ
http://www.e-saku.jp