遺言書の準備…

  • 一般危急時遺言

 

一般危急時遺言

病気や事故によって急に死亡の可能性が高まった際に使われる方式です。普段から死期が近いと感じている人の場合でなら一般的な遺言書を作成すればよいのですが、普段から健康な状態なのに急に病気、事故が起こってしまった場合には難しいです。

そういったことから、急な病気、事故に対応した方式があるのです。それが一般危急時遺言です。この方式を使えば、急な場合でも行う事ができます。しかし、手順はあるのでそれを把握しておかなければならないことを理解しておきましょう。

一般危急時遺言では、証人が3人必要です。証人を3人用意した状態で、その中の一人に対して遺言の内容を口授します。そして口授を受けた人は口授された内容を筆記します。

その後、その証人が遺言者と残りの証人に対して口頭で伝えるか、閲覧させます。その結果、全員がその内容に対して正確であると確認したら署名をして印鑑を押します。

最後に遺言をした日から20日以内に家庭裁判所に届けます。もし20日を過ぎてしまうと遺言書としての機能が失効してしまうので充分に注意してください。

このように面倒ではありますが、急な事態になった場合には一般危急時遺言をする事ができます。ただし、その場の状況で証人を3人集めて遺言を作ることは難しい場合もあるかもしれません。

間に合わない可能性も出てきますので、たとえ面倒であっても健康なうちから遺言書を作っておく事がもっとも確実で安全な方法だといえるでしょう。








LINK

保険について見積もりをすることで終身保険など正しい生命保険商品を間違いなく選べことが可能になるのでしょう。損しない保険を選択するにはネットの保険サイトで保険ランキングを調べることは必要です。チャレンジしてみないといけないのはです。終身保険でもよく考えましょう。
保険のナビについて|生命保険NAVI
http://www.saimuseiri.org