遺言書の準備…

  • 危急時遺言の作成方法

 

危急時遺言の作成方法

危急時遺言は、何らかの事故、事件、病気によって急な死の可能性が高まったときに使われます。急な状況であるため、通常の遺言方式では遺言を残すことができないため、特別に危急時遺言が使われるのです。

危急時遺言を使う場合は、先ほど例に挙げた事故、事件、病気によって急な死の可能性が高まったときだけではなく(一般危急時遺言)、船舶や飛行機に乗っていた際、急に死の可能性が高まったとき(難船危急時遺言)にも使われます。

この際には、遺言書を作るために複数の立会人(証人)を必要とします。この証人の1人に対して遺言者が口授で遺言を伝えていきます。そして口授を受けたものがその内容を筆記していきます。その後、筆記した証人が遺言者と他の証人に対して、その内容を読み聞かせるか閲覧させます。

遺言者と証人がその内容で間違っていないことを確認したら、署名と押印をします。その後、家庭裁判所に対して確認手続きをとって遺言書として成立します。

このようにやり方はとても面倒に思えますが、急な状況の中で正しい遺言書を完成するためには必要な作業です。実際にその場に遭遇したら覚えていないとこの方式を行うことは難しいでしょう。

そのため、健康な今のうちに何があっても大丈夫なように通常の方式での遺言書を作っておく事がもっとも安心できる方法です。または、この先何が起こるかわかりませんから、もしものことを考えてこの方法を事前に覚えておく事が必要です。








LINK

生命保険や自動車保険での保険通販を使いましょう。後で後悔のすることのない多々ある生命保険の商品を設計し組み立てていくことは簡単ではありませんが、しっかりとした見直しを検討した自分のリスクを考えることです。通販保険もそれで大丈夫です。思っているよりもずっと簡単かもしれません。保険見直しの場面では自動車保険が見直されています。
通販自動車保険で上手に見積もりについて|保険選び
http://www.airhydrant.com