遺言書の準備…

  • 特別方式遺言ってなに?

 

特別方式遺言ってなに?

遺言書は、基本的には普通方式遺言にて書きます。しかし、普通方式遺言を書く事が不可能な場合には特別方式遺言で書く必要があります。

普通方式遺言を書く事が不可能な場合はさまざまあります。大きく分けると2つです。1つは急に死亡する可能性が高まった際に使われる危急時遺言。そしてもう1つは交通を絶たれた場合に使われる隔離地遺言です。

これらの2つの場合はどちらも普通方式遺言ができない状況であり、通常とは違った特別な方式で遺言書を作ります。さらに危急時遺言と隔離地遺言それぞれに細かい方式があります。危急時遺言には一般危急時遺言と難船危急時遺言の2つがあり、一般危急時遺言は病気や怪我などで急に死亡する可能性が高まったときに使われる遺言方式で、もう一方の難船危急時遺言は船舶や飛行機の乗っている際に急に死亡する可能性が高まったときに使われる遺言方式です。

隔離地遺言にも一般隔離地遺言と船舶隔離地遺言の2つがあり、一般隔離地遺言は伝染病での病院隔離や刑務所での服役や災害での交通の遮断の際に使われる遺言方式で、もう一方の船舶隔離地遺言は船舶に乗っていた際に陸地から離れた場合に使われる遺言方式です。

このように特別方式遺言といっても様々な方式があるので混乱してしまうかもしれませんが、それぞれの状況を把握していればどれが適しているか理解できることでしょう。

特別方式遺言は、何かと精神的に苦しい状況での遺言作成になるため、できれば避けておきたいものなので、可能であれば何も問題ない今から普通形式で遺言書をあらかじめ作成しておく事がベストです。








LINK

生命保険や医療保険をどれにするのかは難しいことです。高くない生命保険や医療保険をちゃんと考えると結構苦労します。そこで商品見積りが保険ショップではとっても簡単になっています。保険見積りが当然になってしまいました。さて損害保険商品の所得補償保険も考えてみます。保険ショップの使い方も大切なことです。
相続と保険NAVIについて|保険の入り方
http://www.godard.jp