遺言書の準備…

  • 未成年者の遺言は認められる?

 

未成年者の遺言は認められる?

一般的に遺言は死期の近い人間が行うものだと認識されています。しかし、実は未成年であっても遺言を書いて適用されるのです。そもそも遺言書とは、亡くなった際の遺産相続をどのようにするかをしるすものなので、誰にでも書くことはできます。

たとえ未成年であっても、亡くなった場合の遺産相続について記述することは可能なのです。しかし、満15歳以上でないと遺言は適用されません。

これより小さい年齢の場合、まだ幼いため自分の遺産相続についての判断が難しいためだと思われます。そもそも未成年の場合遺言を書く必要性は一般的には少ないですが、法律上では満15歳以上なら適用されるのです。

ただ未成年者の場合の法律上でのやり取りは、親権者が同意、代理になる場合が一般的ですが、遺言のような場合では同意、代理になることはできません。

本人が遺言書を作成する必要があり、これは民法961条に書かれています。そのため、満15歳以上だからといって未成年の遺言に対して親が代わりに作成することは不可能ですのでご注意ください。

基本的に未成年が遺言書を書く必要性は少ないのですが、事情によって必要な場合にはトラブルを防ぐためにも作成するようにしなければなりません。

満15歳以上の場合は、遺言が適用されますが、そのほかの法律上のことについては親権者の同意が必ず必要になってきますので間違いないようにしましょう。

それほど遺言というものは、本人の意思が尊重され、またそれほど重要なものであるということです。








LINK

生命保険を決めるのはそんなに易しいことではありません。心配がないような生命保険は支払う保険料の合計額はマイホーム購入に次ぐ家計の支出と言われているもので、選択することは見積もってからです。だから生命保険に詳しい人に見積もりをすることが大切です。そこでITが活用されます。
製造業IT化ガイドのページ IT
skyk.jp

金利に変動のない固定ローンにもあります。不動産投資や賃貸経営では銀行等と提携した長期に金利が固定されるローンです。金利固定のため毎月の返済額が一定額になるそれが固定ローンです。
サラリーマンの投資のページ 不動産投資ネット
fudousan-toushi.org/