遺言書の準備…

  • 遺言でできること

 

遺言でできること

遺言でできることは遺産相続のみというわけではありません。一般的には遺産相続のみであると考えられていますから、全く知識のない状態で遺言を作ってしまうのはトラブルのもとになります。

基本的には遺言がなくても家族間のトラブルがなく、きちんと遺産の分配ができればよいのです。しかし、実際にはうまくいかない場合がありますので、そういったことも踏まえ、遺言書でできることを理解しておくことが重要です。

たとえば遺産分配についてだけでなく、遺産分割をする方法についても記述することが可能です。また、遺産を家族に相続するのではなく、寄付したり信託をする場合にもその旨を書くことが遺言には可能です。

そして自分の家族や会社などの後継ぎについても記述することができます。もちろん、遺言書に書いたことがすべてその通りに適用されるわけではありませんが、(場合によってはあまりにも無茶な場合など、さまざまな都合が生じるため)記述しておくことで自分の意志を正式に伝えることができるのです。

また、家族内で何らかの理由があり、遺産を相続させたくない人がいる場合にも使うことができます。その逆に、家族以外の人であっても自分の人生にとって大きな存在の人がいる場合には、その人にも分け与えるように遺言書に記すことが可能です。

このように、ただ単純に遺産についてでも様々な要素があります。それを考慮に入れたうえで、トラブルの起こらないように行うことが大切です。








LINK

ファイナンシャルプランナーが無料で相談してくれるマイホーム相談サービスが広がっています。マイホーム購入をどうやってであったアドバイザーと相談を進めていくのですか。どんな経験のある人に相談するかは極めて大切なことです。このマイホーム相談サービスについて検討対象として見ましょう。このように考えることが大切なことです。
マイホーム購入のページ→よい家